知らないと唖然とする安物シャンプーの害

肌も敏感で、まだまだ免疫力も抵抗力も弱い赤ちゃん。ちょっとしたことでもすぐ病気になってしまうので注意が必要ですよね。お風呂にいれてあげるときは、キャラクターグッズがはいったかわいい赤ちゃん用シャンプーや赤ちゃん用ソープで洗ってあげれば、「低刺激だから大丈夫!」と思っておられる方も少なくないかもしれません。しかし実はとってもヤバイ状況なんです! たとえば【ラウリル硫酸ナトリウム(Na)】別名【SLS】と呼ばれる成分があります。安価でちょっとの量ですごくよく泡立つ洗浄用の成分です。ですから有名な某ブランドのシャンプーやボディーソープにもガンガン使われています。世界ブランドでユーザーランキングが上位5位以内を占めているシャンプーにも、成分のトップにはいっているんです。 名前は出せませんけども・・この汚れをよく落とす成分なんですが、分子がすごく小さい。 だからすぐに皮膚に浸透します。皮膚に浸透すると、血液にのります。するとすぐに脳、心臓、肝臓に蓄積されていってしまうんです。するとどうでしょう。 【SLS】は血液内に濃度の高い「発ガン物質」を誘発するんです。脱毛や髪の発育障害は当然ながら副作用としてあります。他にもアトピーやアレルギー、白内障などの原因になったりします。身体が変調をきたすと、わたしたちの身体というのは、とかげの尻尾切りのように、生命維持に直接必要のない部分から切り捨てようとします。それで、真っ先に切られるのが「髪」なんですね。もともと【SLS】という成分は、ガレージやフロア用、エンジンの油取り剤の原料として使われているものなので、その洗浄力たるやすごいものがあります。こうしたガンを誘発しやすい成分が、私たちの日常生活にはありふれているんです。 そして赤ちゃんのシャンプーやボディーソープにも当たり前のように成分にはいっています。でも、どうして大手のメーカーをはじめ、たくさんのメーカーはこんな危険度が高いシャンプーやボディーソープを売っているんでしょうか?おまけに有名な女優さんが長い髪をたなびかせて「ほうら。私もこれを使ってこんなに綺麗!」というがのごとく、コマーシャルをガンガン行っています。なぜ?それが市場原理なのです。中身だけで勝負しようとして普通どおり宣伝してしまったらおそらく価格は今の10倍ではきかなくなるでしょう。何十倍もの価格になってしまいます。 それではメーカー費用倒れになってしまうのです。製品は安い原価でたくさん売れなければ意味がありません。今、売られている高品質そうに見える大手のシャンプーは中身が容器代と同じか、それより安い、ということは業界の人は周知の事実なんですよね。育毛系で売られている有名な某シャンプーも似たようなもので、他のよりも少しだけマシ、というレベルです。シャンプーとは違いますが、こうした危険な現場の生活事情をよく知っている歯医者さんなどは、歯磨き粉はいっさい使わずご自身の歯は、塩だけで磨いています。一般の歯磨き粉は怖くて使えないと言っています。 自然系、天然系のシャンプーとうたいながら宣伝でよく見るものは、それだけ怪しい、と私は認識しています。 もちろん、シャンプーを変えれば薄毛も治るかというとそうは簡単にいかないのも事実です。身体にたまった毒素をとり、消滅した皮下の毛細血管を復活させながら、トータルバランスでケアいかなければいけません。が、その一歩が日常よく使う洗髪剤なんですね。昔の女性は前かがみで洗髪をしていました。しかし今はシャワーの普及で、毒素満載の洗髪剤が身体にガンガンかかる状況です。日本は奇形児を見ませんが、現実には今でも50人に1人の割合で発生しているのです。実際には出産前に奇形児を堕ろす措置がとられているために気が付かないだけなのです。 理由は子宮に日常生活で使う化学成分の毒素がたまりそれが奇形児の発育を誘発しているのです。悲しいことにそれが現実なのですが、市場原理としてメーカー間の競争のために、人の安全よりもメーカーの生き残りが優先事項となっているのです。「ヤバイ洗髪剤はご免だ!」ということもあり、育毛の達人ではそうした製品のご紹介はパスしています。たかがシャンプー、とあなどれないのが現実なのです。知らないほど怖いものはありません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ