世界から見た日本の薄毛率

以前10年の調査期間をかけたという某所から発表された薄毛世界別統計率が発表されたことがあります。 そこから分かったこと。まず上位10カ国以上が全て欧米系国家が占めています。しかし東洋のトップはダントツ日本! 原因ですが、個人的な想像では、生活上のストレスが根本的にあるのではないかと疑っています。もうひとつはズバリ食生活。薄毛上位国のトップ3カ国はチェコ、スペイン、ドイツですが濃い味付けの料理、飲酒、過食では共通している国だそうです。特にスペインでは1日に5回も食事をとると言われています。飲酒も馬鹿にできません。毎日飲み続けていると肝臓が弱り髪の栄養素になるタンパク質が少なくなってしまいます。また過食になればなるほど血流が圧迫されますし血も残留便から出る毒素で、どんどん汚れていきます。こう考えますと、一見、食生活がバラエティーに富んで豊かに見える日本も、食べ過ぎ、飲み過ぎが薄毛の原因を担っているという見方もできるのでは?と思ったりします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ