皮脂は悪者?

皮脂はヘッドスパや育毛サロンなどに行くと目のかたきにされることが多いようです。 マイクロスコープなんかで頭皮を観察されてモニターに映されます。施術者さんは、だいたいこう言います。 「 ほらっ、ここ。ここを見てください。いっぱい皮脂が毛根に詰まってますね~。 こういう状態だと、いくら育毛剤をつけても毛根の中まで届かないから駄目なんですね~。 この特殊な洗浄器械で定期的に洗って毛根をゴッソリ根こそぎとることが重要なんですよぉ。 」 そして綺麗に洗われたあと、再びマイクロスコープでモニターを見ます。 「 はいっ!毛根からすっかり皮脂がとれましたよ。いい状態ですっ! 毛根の周りが赤くなってますね。これは毛細血管が活性化してきた証拠なんですねーっ! 」 それって、ホントでしょうか。 確かに皮脂はベトツキます。 脂漏性皮膚炎の初期症状なんかでは粘着性の皮脂がたくさん分泌されます。だから、そのために髪が抜けやすくなるということは確かにあります。でもそれは脂漏性皮膚炎の場合。普通は皮脂って、根こそぎとっちゃ駄目なんですよ。なぜなら適度な皮脂は、頭皮を守り皮脂の湿度を保つためにも必要なものなんですから。 洗髪後に痒みがある場合は、ホホバオイル浴をお奨めしているのですが、そもそもこのホホバオイル浴をする意味はといいますと・・・ 「 洗髪で失った皮脂を、ホホバオイルで補ってあげること 」なんです。 ホホバオイル http://kamifusa.com/entry8.html 地球上の成分で、もっとも人間の皮脂成分に近いといわれているホホバオイル。これを頭皮に塗ることで痒みやフケがとれるという仕組みです。もちろん汚れて酸化した皮脂は綺麗に洗って取らないといけません。でも毎日定期的に根こそぎ皮脂をとる!なんてことをしたら確実にハゲていきますよ。毛根の周りが赤くなって毛細血管が活性化している、というのは、私は違うと思います。 それは単に器械の与える頭皮への刺激や摩擦によって、頭皮が軽い炎症を起こしているからだと考えます。育毛などに研究熱心な美容室さんの店長なんかはそういった施術は単なる金儲けで育毛のためなんかにはならない!と断言しています。一般的には、安全なシャンプーを使って優しく頭皮を洗うだけで基本的には充分だと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ