薄毛治療ガイドライン

【薄毛症治療に5段階評価のガイドライン】というのが2010年4月中旬に発令されました。 ときどき感想を聞かれるのですが私の意見としましては正直なところ・・・ 「お国の特定地位にいる団体が権威だけで出したような 胡散くさいことこのうえないガイドラインだな」 というのが私の率直な見解です。 そもそもフィナステリドとミノキシジルを単体で服用しても反発(リバウンド)が襲ってきます。女性はフィナステリドは使えませんし。最初だけ効果が出たけど、そのうち耐性がついて始める前より悪化したなど、処方されるままに使って後で激しく後悔したという話しは少なくありません。 ガイドラインから外された発毛用サプリメントも多いようでメーカーから反発を食らっているらしいですが、私にはいつもの成り行きにしか見えません。こうした権威発動する裏には特定の利権が絡んでいるからです。2009年には薬のネット通販が強引にほぼ全面禁止され話題になりました。あれと同じで、このガイドラインにも裏には利権がたっぷりと絡んでいると推測しています。 薬のネット販売規制は「薬剤師利権」死守のためのと叫ばれてました。ほぼ誰の目から見てもそう映る思います。しかしまったく現実性を無視したような規制があっさり通ってしまいましたが、ただただ唖然とするだけでした。そしていったん規制が出来てしまったらなかなか覆りません。薄毛になる人の生活習慣や食事、体質なんかは実は大体、決まっているのです。だから体質を根本的に是正しないと薄毛になりやすい体質(「薄毛体質」とここで呼びますが)は変えられません。 しかし、こうした一番肝心なことすら一切考慮されていないところも怪し過ぎです。医薬品を使い始めたら一生使わないといけないのか特定期間使ったら薄毛もコロッと治るのか、耐性は?など課題も多いものなのにお奨め度が一番というのは・・?皮膚科団体等が出したガイドラインとは言え、実態は本当に「使用者の目線」になっているのだろうか? 処方できる立場の人たちを守るための利権が絡んでいるだけのガイドラインじゃないのか?としか思えないのです。生活習慣を変えることすら一切考慮されていないところも、本当は裏に政治的意図があるような気がしてなりません。消費者である市民の目線に本当にたったものなのか疑問だらけのガイドラインだと、私は思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ