クエン酸サイクル

クエン酸。 疲れたときは筋肉中に乳酸が溜まっています。 クエン酸を摂取すると、この乳酸を分解してくれるので 疲れがスッ、ととれるのは、もう有名です。 クエン酸は身体にも良く 自然治癒力も高めてくれるんですね。 そして多かれ少なかれ、育毛効果も期待できます。 「血流が悪くなる=身体が酸性になっている」という証拠です。 クエン酸は体液を弱アルカリ性にします。 すると血流もよくなります。 そのため身体の血管細胞も活発化するんです。 クエン酸サイクルという言葉があります。 これは、生き物が食物を食べると熱を生み出す仕組みで、 クエン酸がいろんな姿に形を変えながら役割を果たし、 最後にまた元のクエン酸に戻る事から、 この名前がつけられたそうです。 そのために、クエン酸をとるとクエン酸回路が活発に働くのです。 疲れのもとになる乳酸そのものは 体内で熱を生み出した後の燃えカスなのですが クエン酸回路が活発に働く事で燃えカスが無くなり 完全に燃焼させる事ができるわけです。 逆に、そのカスである乳酸が身体中に溜まると、 血液が酸性でドロドロした状態になってきて 血流が悪くなるわけですね。 すると酸素や栄養が体の隅々まで運ばれなくなります。 さらには老廃物も外に出せなくなります。 するとどうなるかというと、血管の中にどんどんゴミ  (乳酸、コレステロール、各種老廃物など)が 溜まっていくわけです。 結果として血管自体が細く硬くなっていく・・・・・ この悪循環が続くと、当然、頭皮や髪の成長にも 影響してきます。 食事量を減らしているのにすぐに太る。 疲れがたまりやすい。 良く寝ても疲れが取れない。 これは基礎代謝に問題がある証拠です。 「もしや」と思った方。 早速、薬局に行ってクエン酸(結晶)を買い、 飲み物に小さじ1杯くらいに入れて飲んでみましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ