洗髪後、しっかりすすぐことが重要な訳

「抜け毛が増えて心配なのですが」 という質問を月に何度か頂きます。 ちなみに抜け毛は誰にでもあり、寿命がきた髪は毎日抜けます。全く抜けないことはありえません。でも、こんな場合は要注意です。 「 細くて短い髪が大量に抜けるようになった 」 「 ある日を境に明らかに抜け毛が多くなった 」 「 頭皮に痒みもある 」 これは使っているシャンプーの洗髪剤の洗い残しがあり、十分にすすぎきれていないことが原因であるケース。これが案外多いのです。 シャンプーで頭皮にキズをつけないよう指の腹で優しく洗うことも大切なのですが、意外と見落としてしまうのが最後の「すすぎ」です。 鏡の無いところで洗髪するとよく分かりますよ。 特に市販の廉価なシャンプーは界面活性剤の影響が強く、泡立ちが激しいので、ザッとすすいだつもりでも頭皮や髪の隙間に、よく泡が残留したりします。 すると頭皮に残った洗髪剤の影響で痒みが出たり、頭皮が乾いて不要な抜け毛を誘発したりするわけです。 洗うことも大切ですが、充分すぎるくらいすすぐことも同じくらい大切なんですね。とはいえ、そもそも使用する洗髪剤(シャンプー)が良質のものでなければ、化学残留物が頭皮下に浸透するので痒みは日に日に増えていきますので、よくすすいでも抜け毛が減らない、ということは有り得ます。 料理の素材と同じように、シャンプーも良質なものを利用したいものです。これにより頭皮と髪の健康が保たれます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ