解決法だけ知ってもすぐに忘れてしまいます。

育毛の達人 発毛診断士の佐野です。 今日は「髪の成り立ち」などについて 述べてみたいと思います。 しかし・・・・ いまさら髪の成り立ちといっても 「そんなことより、どうやったら改善が早くなるのかだけを知りたい」 という声が聞こえてきそうですが 少し我慢してください。 先に解決論を述べるのは 簡単なのですが、性急に方法論だけ 述べたところで、これまでしっかりと 実践する方は本当に少ないのです。 なぜなら動機づけが無いから。 【どうしてその解決法が必要になるのか?】 髪について理解を深め、薄毛や 抜け毛のトラブルになる原因。 そのプロセスを知らないと いくら解決法を述べたところで その重要性をしっかりと飲み込んで もらえなくなるのです。 「生活で、ここを変えるのが良いと  言われたけど、なぜ重要なのか  分からない。  面倒だから自分流でやろう。」 こうなってしまうことが多いのです。 なので、結論、解決論から述べるのではなく 順を追っていきたいと思います。 ■髪の成り立ち 前回、髪は皮膚と同じだとお伝えしました。 髪は毛根(毛乳頭)の活発な 細胞分裂により生まれます。 この毛根の数ですが、火傷をして毛根を 失わない限り、生涯同じ毛根の数は 変わりません。 基本、毛根自体は、人が生まれてから 土にかえるまで、生涯活動を続けます。 そして毛根が元気のないときには 髪の生産量が減ります。 そして皮膚の表面に顔を出してくる ような、太くて強い髪を生むことが できなくなります。 日本人の平均的な髪は、一日あたり 0.35mm成長します。 一か月だと1cm成長する計算です。 このとき髪の元となる細胞が どれくらい必要になるかと言いますと 一本、一日あたり「9,600-11,000個」もの 細胞が必要とされます。 平均的な人の髪が10万本あると 言われていますので、実に10億個前後の 細胞分裂が必要になるという訳です。 どれだけ身体のパワーとエネルギーが 必要になるかお分かりになると思います。 ここで、髪という限られた箇所だけみて 成長を促そうと思っても力不足です。 だから薄毛や抜け毛の対処には 身体の状態、そのものを見つめなおす ことが重要になってくるのです。 次回に続きます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ