ストレスは目に見えないから厄介です

育毛の大敵はストレスであることは殆どの方が耳にしたことがあると思います。しかし生活を送るうえでストレスが無い日はありません。どんな人でも必ずストレスがあります。また健康な生活を送るうえでは、適度のストレスはむしろ必要なのです。そしてストレスのあとにリラックスする。このバランスがとれていれば問題ありません。しかし薄毛になりやすい傾向の人は、性格的にも繊細な人であることが多いという統計もあります。大したことではなくても、過度に受け止めてしまうため、ストレスがたまりやすくなるようです。またストレスは無理矢理忘れようと思っても、逆に心身負担になりがちです。 そもそもストレスで何がいけないのかというと、自律神経が不安定になることです。これにより毛細血管が収縮します。毛細血管が収縮すると、毛包、毛根、頭皮全体の血流が悪化します。円形脱毛症になるのはこれが主な原因と言われています。それでは適度なストレスとはなんでしょう?単純に言えば、緊張後に心地よく感じるストレスです。例えば気持ちの良い運動中に受けるストレスは精神的にダメージを与える要素のあるストレスとは違います。しかし不満、クヨクヨ、恨みなどからくるストレスは違います。自分自身の身体にダメージを与えます。 睡眠中は毛髪が最も伸びる時間帯です。日中使っている体の部位が休息している間、リラックスした血流は頭部を巡ります。ですから夜は早め早めの睡眠を心がけて下さい。不眠症やストレスで夜、眠れないとなると、とばっちりを喰らうのはあなたの髪です。 ストレスコントロールは、難しい人には難しいです。ともかくストレスがあったら、最も適した方法でストレスを解消する解決法を見つけて下さい、としか言えませんが、運動や小旅行などが個人的には適したストレス解消法になると思いました。他にも趣味などありましたら没頭するなど、ベクトルを別方向に向けることが重要でしょう。私自身も運動することで解消できる場合もありますが、気分が乗らない場合は、運動しても逆効果のこともあります。ケースバイケースです。ただ思いつめるようなストレスの場合、なるべく体を動かしたほうが良いかもしれません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ