薄毛体質とは?

薄毛になりやすい生活習慣とはなんでしょうか? 薄毛を招きやすい生活習慣が常習化している場合、身体が薄毛になりやすい体質になっていきます。略して薄毛体質。 たとえばこんなことで薄毛体質に変わっていきます。 ポッコリとしたおなかになるメタボ。 これは、ダイエットするよりも前に食べるものから考え直さないといけません。 揚げ物やマーガリン、ショートニングなどにも含まれている「トランス脂肪酸」。 これは人工的につくりあげた「脂肪酸が含まれた硬化油」です。 「安い」 「カリッ」と揚がる 「おいしい」 ということで特にファーストフード店でいまだに日本では一部のお店で使われているようです。 そもそもトランス脂肪酸は血液中の悪玉コレステロールを増加させ血流も悪くします。おまけに心不全や心筋梗塞を引き起こす可能性がある危険なモノなんです。 手軽に食べられるからと言って、こうした身近な食生活からもジワジワと身体に浸透して現れる 副作用が「薄毛」なんです。若い女性にも薄毛で悩み始める人が多くなり久しいですが食生活習慣だけみても理由は明白なんですね。 トランス脂肪酸が身体にはいるとドロドロ血がどんどん身体にたまっていきます。運よく心筋梗塞にならなくても血流自体は圧倒的に悪くなります。とくに頭部は身体のいちばん上にあるため ただでさえ血のめぐりが悪いのです。 血のめぐりが悪くなるとどうなるのか? 頭部、特に前頭部の毛細血管は細く少ない。身体が危険を察知すると、この毛細血管はどんどん縮小し細くなり、いつしか消滅していく・・・。 要は、血管が生命維持のために、血管を迂回させてしまうんですね。 だから育毛初心者の方は、育毛ガイドラインを見て、 「そうか~、これに従えばいいのか~、それじゃ安心だ」 と思ったら大間違いです。 ここから幾らお金をかけても泥沼にはまっていく落とし穴が始まる可能性は大ですよ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ